menu menu
FUSARI(フサリ)コラムサイト

2023年12月5日  -  ヘアケア

ヘアケア

40代になると髪のパサつきが悪化する?原因と本当の対処法をまとめた

40代になると、いつもと同じように髪をセットしても、うまくまとまらない時はありませんか?
それは髪のパサつきが大きな問題になっています。

特に髪の負担になる行動をしていなくても、40代になると髪はパサつくものです。
これを知っていれば、予め対策ができるでしょう
この記事では髪のパサつき対策についてまとめてみました。
乾燥していない40代の女性であっても、早めに対策をしていれば、セットが楽になりますよ。

40代で髪がパサつくのは加齢が影響

先に結論を言ってしまいますが、髪のパサつきが気になるのなら加齢が原因です。
特に40代になると、体調が大きく変化するタイミング。

髪のパサつきが気になってきても、特におかしくありません。
そのため、加齢を意識した早めの対策が必要になるわけです。
早めに対策をしていれば、乾燥しにくくなりますよ。
その理由を簡単にまとめてみました。

髪のパサつきの原因

そもそも、髪のパサつきが40代で訪れてしまうのは、保湿成分が低下してくるタイミングだからです。
加齢というとピンと来ないかもしれませんが、じつは40代になると水分量が赤ちゃんの時より半分になるという情報もあります。

髪のパサつきが気になる原因
  • 女性ホルモンの一種「エストロゲン」の影響。40代で減ってしまうから要注意!

髪の毛がパサつくのは、40代になると女性ホルモンが低下するからとされています。
髪の成長と密接な関係があるため、エストロゲンが低下すると水分量も減っていくわけですね。

髪のパサつきがひどくなるいつもの行動

じつは、髪のパサつきと深い関係があるエストロゲンは、年齢に応じて分泌が減っていくのはやむを得ません。
エストロゲンを乱さず、ベストの状態をキープしながら生活できれば、パサつきの悩みを最小限に抑えられます。

パサつきがひどくなる習慣
  • ストレスを溜めたまま生活を続ける
  • 夜更かしをするのが当たり前
  • 外に出ないで引きこもるのが当たり前
  • 運動不足が続く

上記の習慣は、ホルモンバランスを乱す内容ばかり。
不規則な生活を続けずに、できるだけ健康的な習慣が身につくようにしましょう。
最悪の場合、ホルモンバランスが乱れて薄毛にまで発展する可能性すらありますよ。

※参考:ホルモンバランスで薄毛になる?今するべき正しい方法はたった1つ

40代の女性の髪がパサつくのを抑える方法

徐々に髪の毛のパサつきが気になるようになり、何をしても状態がよくならないのなら、以下の方法を試してみましょう。

きれいな髪を目指すためのポイント
  • 今以上に髪のパサつきを悪化させないように予防することが最も大事!セルフケアは予防策として活用する!

上記でも紹介しましたが、髪の毛のパサつきが関係するエストロゲンは、年々減っていきます。
それにより髪が乾燥しやすくなるので、日頃から予防を意識しておきましょう。
予防するための簡単な方法をまとめてあります。

最も大事なのはパサつきの予防法を実践すること

40代で髪がパサつくのは、シャンプーの見直しができていない可能性もあります。
シャンプーというのは、頭皮と髪を洗うためのアイテム。
洗浄剤としての効果も高いので、必要な皮脂まで洗い流されて、パサつきになっているわけです。

そこで成分表をチェックしてみて、洗浄力が強すぎる洗浄成分が入っていないか確認してみましょう。
詳しい成分名などは、以下の記事で紹介しています。

※参考:シャンプーは洗浄成分で変わる!正しい選び方とそれぞれの特徴まとめ

また、シャンプーで頭を洗う時は、無駄にゴシゴシ力を入れて洗わないことも大事です。

髪が濡れた状態で強い摩擦が加わると、より髪が乾燥しやすくなります。
手で泡立ててから、力を入れずに髪にシャンプー剤を付けておいてください。
放置するくらいでも皮脂はきれいに洗い流されますよ。

今よりパサつきを抑えるもう1つの方法

セルフケアで髪のパサつきを、少しでも良くするためには、トリートメントを使いましょう。

もちろんトリートメントといっても、ただの保湿をするために使うわけではありません。
40代ならではの乾燥を抑えるためのトリートメントを選ぶことが大事になります。

40代の髪の乾燥を少しでも良くする方法
  • 毛髪を補修できる成分が入ったトリートメントをできるだけ選ぶこと!

トリートメントの中には表面に膜だけを作り、髪触りをよくするものがあります。
それだけだと40代でのパサつきは抑えられません。

40代が選ぶべきトリートメントの成分の一例
  • ヘマチン
  • 加水分解ケラチン
  • セラミド など

できるだけ上記の成分が含まれたトリートメントを選ぶと、仕上がりに違いを感じられますよ。

セルフケアだけでは限界!美容室で相談!

セルフケアは、あくまで予防までの効果だけだと思っておきましょう。
髪の状態をよくしたいのなら、美容室での施術も取り入れてみてください。

髪質改善トリートメントをしてもらう

まず、髪の毛のパサつきがセルフケアだけでどうしようもできないのなら、髪質改善トリートメントをしてもらいましょう。
髪質改善トリートメントとは、髪内部の結合を整えるためのトリートメントです。
トリートメント剤の中には、酸が含まれており、アイロンの熱で酸と髪の毛内部の成分と結合させます。
その結果、乾燥を抑えて、髪の状態を整えてくれるわけです。

ただし、この方法も美容室によって違いがある点だけは覚えておきましょう。
髪質改善トリートメントといいながら、縮毛矯正のようなメニューもあります。
それだと髪が余計に乾燥するので、事前に電話で聞いてみると間違いありません。

ウェットヘアにしてもらう

また、髪型を変えてしまうのも、髪のパサつきを抑えるおすすめの方法です。
できるだけ髪が広がりにくい髪型に変えてもらい、ウェットヘアに仕上げるようにしましょう。
ウェットヘアとは、濡れ髪のことです。

※参考:40代でも簡単な濡れ髪ヘアスタイル4選!似合わない人もいるから要注意

ジェルなどの重めのスタイリング剤を使って、髪をセットするトレンドヘアのひとつです。

ただ、髪をウェットヘアにするだけでは、おしゃれな髪型に仕上がりません。

あくまで40代の女性がウェットヘアにするなら、上品さを意識しましょう。
清潔感を意識した髪型にできると、髪のパサつきを抑えながらおしゃれな髪型に仕上がります。

40代でもウェットヘアがおしゃれに見えるポイント
  • 髪が乾燥していない
  • 横に広がりすぎていない
  • 頭頂部のボリュームも出ている など

このように、全体のバランスを考えながら、髪型を仕上げてもらいましょう。
頭頂部にボリュームが出せないのなら、カットでふんわりしやすくしてもらってください。
また日頃のスカルプケアで、これ以上ボリュームが出にくくならないようにするのも大事ですよ。

40代で髪のパサつきを抑えるには頭皮の状態もチェックする!

40代で髪がパサつくのは、ホルモンなどの体内分泌物が関係しています。
加齢によって体の機能が低下し、保湿力が低下した髪の毛になっているためです。
髪の毛は死んだ細胞ともいわれており、一度乾燥した髪の毛になれば、元に戻すのは苦労するでしょう。
できるだけ予防して、状態のいい髪の毛をキープできるようにしてみてくださいね。

そのためには、頭皮の状態も悪化させないようにしましょう。
育毛剤はもちろん、シャンプーも見直して、髪の毛が乾燥しにくくしておくと、長く髪の毛でおしゃれを楽しめますよ。

髪型でカバーもできるので、髪のパサつきで困っているのなら、美容師さんに相談するのもおすすめです。
専用のトリートメントメニューも活用すれば、ある程度のパサつきはカバーできますよ。

ご参考になれば幸いです。