menu menu
FUSARI(フサリ)コラムサイト

2024年1月26日  -  その他

その他

40代の人は小顔効果を期待できる髪型選びが大事!どんなものがいいかまとめてみた

40代になると、髪質の変化などによって、髪型選びは慎重になる方もいらっしゃると思います。
できるなら小顔効果のある髪型を選ぶべきか、少し考えてしまうのもわかります。

そこで小顔効果のある髪型のポイントについてまとめてみました。
特に髪質が変わったと感じるような40代の人は、おそらく参考になる内容となっています。
小顔効果とはどのようなものなのか、具体的に知りたい人も参考にしてみてください。

40代の人が小顔効果のある髪型を選ぶ時のポイント

髪質の変化によって、今までお気に入りだった髪型が似合わなくなったという経験があると思います。

そこで、40代が髪型を選ぶ時に意識するべきポイントが小顔効果です。
小顔効果のある髪型を選ぶと、顔全体がバランスの整った状態になるからです。

小顔効果のある髪型のポイント
  • 自分の顔の形を知っておく
  • 小顔効果のあるヘアカラーを選ぶ
  • 人によってはパーマも活用できる

大きく分けて上記の3つです。
40代の髪型選びの基本となるので、覚えておいて損はありません。

自分の顔の形を知っておく

小顔効果のある髪型を選ぶ上で大事なのは、自分の顔の形について知っておくことです。
これができていないと、逆効果になってしまう可能性があります。

顔の形の基本
  • 丸顔
  • 面長
  • ベース型

主に上記の3つとなりますが、小顔効果になるポイントがそれぞれ違います。
少なくとも以下の記事でまとめてあるので、特に40代の人はチェックしておきましょう。

※参考:【顔の形だけでない】40代女性の髪型の選び方がわからない人への見つけ方!

例えば、面長の人です。
縦のラインが強調された顔の形をしているのに、縦のラインを強調した髪型を選ぶと顔が大きく見えてしまいます。
顔の形に合わせて髪型を選ぶのが、小顔効果のある髪型選びの基本です。

小顔効果のあるヘアカラーを選ぶ

上記はあくまで髪型のシルエット選びです。
現在ではヘアカラーが主流になっているので、髪の色の選び方も意識しましょう。

小顔効果のあるヘアカラーでおすすめなのは、ハイライトやローライトなどの立体感のある髪色です。

小顔効果のヘアカラー
  • ハイライト:スジ状に明るい色で染める部分的なヘアカラー
  • ローライト:スジ状に暗い色で染める部分的なヘアカラー

髪色で悩んでいる人は、挑戦してみてください。
まずは明るさを大きく変えずに、自然な色で挑戦すると大きな失敗はありません。

※参考:白髪ぼかしが高いのはなぜ?仕組みを知ればわかる!コスパがいいって話

人によってはパーマも活用できる

小顔効果を出すためには、髪型のシルエット選びが基本だと紹介しましたが、今の髪質では悩みをカバーできない人もいるかと思います。
そんな人は、パーマを活用するのがおすすめです。

パーマは薬剤を使って髪に動きを出す施術ですが、ボリュームを自在に操れてしまいます。

ボリュームが欲しい人はパーマでふんわり仕上げてもらいましょう。
逆に抑えたいのならストレートパーマを使うなど、使い方は様々です。

※参考:細毛で悩む人ほどパーマの付き合い方を意識して!細毛の人はパーマがかかりにくいって本当?

小顔効果のある髪型を選ぶ時のNGポイント

小顔効果のある髪型を試してみたら、むしろ顔が大きく見えるようになったという経験をした人はいないでしょうか?
確かに逆効果になる髪型があるのも事実です。

それは、上記で紹介した顔の形に合わせた髪型選びができていないからかもしれません。
「前髪を作れば小顔効果になる」と紹介する情報は多いですが、横のラインが強い丸顔の人が使うと逆効果になることがあります。
特に分厚い前髪にしたのなら、小顔効果のある髪型にはなりにくいです。
前髪を作る場合は額が見える薄めのシースルーバングにするなど、できるだけ横のラインが目立たないものを選んでください。

目線をずらす髪型も小顔効果が期待できます。
パーマは顔が大きく見えるとされるケースもありますが、ロングヘアに毛先だけにパーマをかけてみましょう。
メリハリで顔の大きさをカバーできるはずです。
また、頭頂部の髪の毛の量が薄くなっていて、ぺたんこになっているのなら注意しましょう。
トップにボリュームを出してから挑戦すると、ヘアセットしやすいと思います。

小顔に見えるヘアアレンジもある!

小顔に見えるのは、髪型選びだけではありません。
あまり髪型を変えたくない人は、ヘアアレンジを活用しても同じような小顔効果が期待できる時があります。

それはアレンジの種類が限定されるからです。
以下のポイントを抑えたアレンジを選ぶと小顔効果が期待できます。

※参考:40代のポニーテールは上品でおしゃれ!おばさんにならないアレンジまとめ<

毛束を引っ張ってゆるくする

まず、ヘアアレンジで小顔に見せるのなら、セットする時に毛束をつまんでゆるく仕上げておきましょう。
全体的にゆるく仕上げたアレンジは、髪のボリュームを調整しやすくなります。

髪型選びの基本でも紹介しましたが、シルエット作りは小顔効果を作る基本です。
毛束をつまんだゆるいヘアアレンジでふんわり見せて、バランスのいい髪型を作ると良いです。
ただし、カジュアルな雰囲気になるので、ビジネス用途で使う時は要注意です。

髪を少し下ろして後れ毛で額をカバーする

上記でも紹介したように、ヘアアレンジで大事になるのはボリューム調整です。
毛束をつまむだけでなく、後れ毛を作って毛束を下ろすことも小顔効果を活用した髪型選びでは大事になります。
小顔効果を作る上で大事にするべき内容は、おでこを隠すことです。
後れ毛で顔の見える範囲を減らすことができると、小顔効果が倍増しますよ。

小物を使う

ヘアアレンジを楽しむために、小物を使っている人もいるかと思います。
これも小顔効果が期待できるので、うまく活用してみましょう。
髪だけだと顔だけに視線が集中してしまいますが、小物を使うと目線をそらすことができるからです。

目線をそらすことも小顔効果を活用する時の基本となります。
カチューシャやターバンなどを使うと、気軽に小顔効果を活用できるようになるはずです。

小顔効果を期待して髪型を選ぶなら前髪を作るのも1つの方法!

小顔効果のある髪型を選ぶ時には、前髪を作るのが良いです。
顔の形によっては逆効果になりますが、その時はシースルーバングなどの額が見えるものを選ぶと安心です。
顔のラインが見えにくくなるので、小顔効果が出せてしまいます。

※参考:40代なら前髪を作る意味がある!メリットとおしゃれに見えるおすすめ3選

小顔効果のある髪型にしていると、それだけでバランスが整った状態になります。
おしゃれな髪型を簡単に作れるようになるので、髪質が変わったと思っている人も挑戦してみてください。

上記がご参考になれば幸いです。