menu menu
FUSARI(フサリ)コラムサイト

2023年12月20日  -  その他

その他

40代でボブをしている人がターバンをしていい?正しい付け方と注意点まとめ

ボブでターバンをしている40代の女性を見て、自分もしてみたいと思った経験はありますか?
じつは、あるポイントを抑えておけば、誰でもターバンに挑戦できます。

ただし、似合わない人もいるので、どのあたりに注意するべきか知っておきましょう。
意識するべきポイントを守れば、似合わない人でもターバンを楽しめます。
ターバンをしている人は、薄毛にならないように注意しましょう。

40代ボブでもターバンを付けても問題なし!基本的な付け方

ボブというのは、毛先を切りそろえた髪型のこと。
そんな髪型をしている40代の女性は、ターバンを付けてみてください。
もともとボブはターバンと相性がいいとされる髪型だからです。

ターバンとヘアバンドの違い
  • ターバン:帯状の布状のアイテム
  • ヘアバング:輪になっているゴム状のアイテム

ちなみに、ターバンとは布製の髪につけるアイテムです。
少し派手に感じるかもしれませんが、デザインに気を付けていれば、40代でも問題なく使えます。

40代ボブのターバンの付け方のポイント
  • デザインや付け方としては、大人っぽくするイメージがすごく大事!

このように、大人っぽいターバンなら、40代の女性でもとても似合います。
ただし、選び方や付け方にも注意したほうがいいポイントもあります。

デザインの選び方

まず、40代の女性でも使えるターバンのポイントについて知っておきましょう。
少なくとも、若い人が使っている大きいリボンなどがついた、インパクトが残るデザインは避けたほうが良いです。

40代の女性でも使えなくはありませんが、周りからへんに若作りしているように見える可能性があります。

40代でも使えるターバンの特徴
  • シックな色のターバン
  • シルクなどの高級感がある素材のターバン
  • 極端な大きさがないターバン など

このようなターバンを選べば、40代でも失敗はほぼありません。
あとは付け方が問題です。

ターバンを付ける位置

ターバンを付ける位置にもコツがあります。
生え際よりも高い位置にターバンを付けると、子供っぽく見えるので要注意です。

おすすめの位置
  • できるだけ低めの位置にターバンを付けるのがおすすめ!耳が覆いかぶさる程度の低さだと間違いなし!

40代で白髪や薄毛が気になるのなら、その部分を被せるように使うのもおすすめです。

40代ボブでもこなれ感が出せるターバンの付け方

付け方の基本について紹介しましたが、こなれ感が出せる付け方もマスターしておきましょう。
もともとターバンを付けること自体が、それなりのおしゃれ上級者とみられがちだからです。

ヘアターバンの付け方
  1. 髪をザックリまとめてゴムで結ぶ
  2. 毛先をまとめておだんごヘアにする
  3. 毛束をつまんでゆるくさせる
  4. ヘアターバンを付ける

このような流れで、髪の毛を崩しながらターバンを付けるのがおすすめです。

髪をアップにした時のターバンヘアアレンジ

また、髪をアップにした時もターバンは役立ちます。
特にターバンをメインとして使うように、柄やデザインを意識して選びましょう。
そして、お団子などの髪をアップにして、毛先をまとめるとターバンが目立ちます。

※参考:40代でもおだんごヘアに挑戦していい?失敗する人の特徴を知れば簡単に対策可能

この時も、お団子はゆるくセットができるようになると、こなれ感が出せておすすめです。
毛束をつまんで崩してから、最後にターバンを付けるようにしてください。

髪を下した時に使えるターバンヘアアレンジ

40代でボブにしているこだわりが強めの人なら、アップにせずにボブをそのまま楽しみたい人もいるのではないでしょうか?
そんな時は、髪をアップにせずに、そのままターバンをつけても良いと思います。

そこで、髪を下したままターバンを付ける方法を紹介します。

髪を下した状態でターバンを付ける方法
  • サイドの髪をターバンで抑えて、スッキリさせると清潔感がアップ
  • ただし、こなれ感も大事なので後れ毛などを使うといい

このような感じでターバンを付けてみてください。
ただのボブだった髪型が、ワンランク上の仕上がりになっておすすめです。

40代ボブでターバンが似合わない人の特徴

ターバンを使ったボブは、かなり魅力的な髪型に仕上がります。
しかし、どんな40代の女性でも使えるかといえば、そこまで単純な話ではありません。
少なくとも今のまま使っても、似合わない人もいます。

そこでボブでターバンをした髪型でも、失敗したくない人のために、似合わない人の特徴をまとめてみました。

髪質が変わってきた人

40代の女性で注意してほしいのは、髪質が変わってきた人です。
細毛や軟毛になってきたと感じてきた人は、ターバンを付けてもパッとしない印象になりがちです。

ターバンを付けておしゃれな人の多くは、ふんわり感を上手に出しています。
しかし細毛や軟毛だと、ぺたんこになって微妙な感じが出てしまうわけです。

※参考:正しくは薄毛ではありません!細毛や軟毛は髪質が変わらないと悩む人へ

そこで、少しでもふんわりするために、アイロンなどで髪をふんわりさせてからターバンを付けてみてください。
それだけでも印象が変わるので、うまく使いこなしてみてください。
もちろん毛束をつまんで、ふんわり仕上げる工夫も大事です。

髪がふんわりできない人

特に細毛や軟毛ではないけど、髪がふんわりセットできない人も要注意です。
ターバンは布状のものですが、髪がぺたんこだと運動会のハチマキのようになってしまいます。

※参考:40代女性の頭はぺたんこ?髪型でカバーするためのおすすめ3選!

特に薄毛で困っていないのなら、パーマをかけてしまうのもひとつの方法です。
アイロンのように、毎回セットする手間がなくなります。
美容師さんにターバンを使うことを伝えておくと、うまく髪をセットしやすいように髪型を作ってくれるでしょう。

面長の人

ターバンを付けた髪型は、顔の形もかなり大事になります。
特に面長の人は注意しましょう。
前髪を上げた状態でターバンを付けると、顔の大きさが強調されるからです。

※参考:面長の40代女性のやってはいけない髪型3選!選ぶならこの髪型!

面長の人だと、前髪を下したアレンジに挑戦してみてください。
また、面長の女性は大人っぽい印象が強いので、デザインもシックなものを選ぶとさらに安心です。

40代のボブでターバンをできる人は全員ではない

ターバンは、布状の髪をまとめるためのアイテムのひとつです。
様々なデザインがありますが、40代の女性でも似合いやすいものを選ぶようにしましょう。
ターバンが似合わない人もいるからです。
似合うように、髪型やアレンジのやり方を変えるだけで、特に似合わないといった事態は防げます。

とはいえ、髪にボリュームがなく、ふんわり仕上げられないのならスカルプケアもすると良いです。
ふんわりしていないターバンのアレンジは、ボブであってもハチマキをしたように見られて似合いません。
毛束をつまんでふんわりさせれば問題ありませんが、それでもふんわりしない場合はパーマなどを活用してみてください。

その際は、育毛剤などで頭皮の状態を整えるのもお忘れなく。

ご参考になれば幸いです。