menu menu
FUSARI(フサリ)コラムサイト

2024年1月20日  -  その他

その他

髪型を変えたいけど選び方がわからない…40代でも失敗しない髪型選びのポイント

髪型を変えたいけど、不安でいつもと同じ髪型になってしまう…。
不安になる原因のひとつは、似合う髪型を知らないからです。

自分が似合う髪型がわからない人は、これから紹介する3つのポイントを意識するだけで候補が絞れます。
特に40代以降になったら、髪型を変えるのに勇気が必要ですよね。
自分の似合う髪型の選び方をマスターできれば、気軽に気分転換ができるようになります。

この記事が参考になれば幸いです。

髪型を変えたいけど似合うかどうかわからない

髪型を変えたいけど躊躇してしまう人の多くは、自分の選んだ髪型が似合うのかわからないからではないでしょうか?
髪型選びを不安にさせるのには、様々な理由があります。
その理由に合わせて髪型を選べば、大きな失敗は避けられます。

不安になる理由

  • 似合うかどうかわからない
  • 周りの反応が気になる
  • コンプレックスが目立つのが気になる

髪型は、自分だけ楽しむのなら特に気にならないかもしれませんが、周りの反応が気になるところでしょう。
コンプレックスが目立つ髪型を選んでしまうと、周りの目が気になって外出中もストレスに感じますよね。
だからこそ、似合う髪型を選べるかどうかが、40代からの髪型選びで重要になってきます。

髪型が変えた時のメリット

髪型選びのポイントを知る前に、髪型を変えた時に感じられるメリットを覚えておきましょう。

ここでポイントになるのは、メラビアンの法則です。

心理学では有名なもので、コミュニケーションにおいて、人は言語情報(Verbal)から7%、聴覚情報(Vocal)から38%、視覚情報(Visual)から55%のウェイトで影響を受けます。

そのうち視覚情報で5割以上で決まるという内容になります。

「人は第一印象が大切」「人は見かけが9割」というのは、メラビアンの法則からきています。

そのうち髪型というのは、基本的に顔の大半を占めているだけに、見た目ではかなり大事な部分です。

自分の似合う髪型に変えると、それだけで周りからの印象は良くなります。
逆に長い間髪型を変えずにいると、加齢によってその髪型は似合わなくなり、実年齢より上に見られる可能性もあります。
定期的に髪型を変えたほうが周りからの印象は良くなると思っています。

髪型を変える前に知っておくべきポイント

髪型を変える前に、大きな失敗をしないためにも、以下の内容は意識しておきましょう。

髪型を選ぶ前に意識するべき内容
  • 悩みはどこなのか?
  • 好みの髪型の雰囲気は何なのか?
  • 髪型をどれくらい長く残すのか?

髪型の選び方には、似合うかどうかも大事ですが、悩みや好みに合わせて選ぶ方法も大事になります。
以下の記事でも紹介しているので、選び方がわからない人は参考にしてみてください。

※参考:【40代のショート】手入れが楽な髪型3選!選び方のポイントまで大暴露!

髪型を変える時に意識するべきポイント

髪型を変えたいけど躊躇してしまう人は、似合う髪型のポイントについて知っておきましょう。
髪型選びにはコツがあります。大きく分けて4つあります。
それを意識するだけで、ヘアスタイルからの印象はグッとよくなります。
特に難しい内容ではないので、うまく取り入れて希望の髪型を絞り込みましょう。

ポイント《1》顔の形に合わせて選ぶ

まず髪型選びの基本となるのが、顔の形から髪型を絞り込む方法です。

顔の形に合わせた髪型の選び方
  • 丸顔:縦のラインを強調した髪型を選ぶ
  • 面長:横のラインを強調した髪型を選ぶ
  • ベース型:鰓張りを覆う髪型を選ぶ

このように、うまく顔の形をカバーできる髪型を選べるようになると、髪型が似合いやすくなります。

※参考:【顔の形だけでない】40代女性の髪型の選び方がわからない人への見つけ方!

ポイント《2》髪の色を変える

髪型だけでなく、髪色を変えるのもおすすめです。
特に髪の長さを変えたくない人にも、気軽に挑戦できてちょうどいいでしょう。

髪色の選び方
  • 肌や眼の色で選ぶ
  • トレンド色で選ぶ
  • 生活環境で選ぶ

肌や眼の色に合わせて髪色を変えると、ヘアカラーで失敗しにくいとされています。
これは、ブルベやイエベといわれるものです。
自分で染めるより、美容師に相談して髪色を決めてもらうと失敗はほぼありません。

特に気にならない人は、トレンドになっている髪色に染めるのもおすすめです。
髪色を明るくできない環境にいるのなら、暗めに染めておくと間違いないでしょう。

また、白髪の有無も髪色を決めるポイントのひとつ。
明るくしたいのなら、白髪ぼかしを活用すると希望の髪色に染められるはずです。

ぜひ試してみてください。印象が変わります。

※参考:白髪ぼかしが高いのはなぜ?仕組みを知ればわかる!コスパがいいって話

ポイント《3》少し変えるだけなら前髪だけ

大きく髪型を変えたくない人は、前髪を変えるといいでしょう。

以下を覚えておかれると良いです。

前髪の変える時の一例
  • 右分け:ミステリアス
  • 左分け:知的
  • センター分け:大人っぽさアップ
  • 前におろす:かわいい雰囲気

40代であっても、前髪を作っても問題ありません。
少し躊躇している人は、以下の記事を参考に前髪づくりのヒントにしてみてください。

※参考:40代なら前髪を作る意味がある!メリットとおしゃれに見えるおすすめ3選

ポイント《4》ヘアアレンジも活用する

髪型を変えるといっても、ヘアアレンジを活用するのもおすすめです。
アレンジといっても難しいものではありません。

髪を下ろしている人がポニーテールにするだけでも、ひとつのヘアアレンジです。
簡単にできるアレンジであっても、かなり見た目の印象が変えられます。
それどころか、髪をアップにすると清潔感がアップして、第一印象が良くなるでしょう。

※参考:40代のポニーテールは上品でおしゃれ!おばさんにならないアレンジまとめ

ただし、ヘアアレンジをするためには、ある程度のボリュームと髪の長さが必要になります。
ふんわりと仕上げないと、逆に実年齢より上に見られる可能性があるからです。
日ごろのヘアケアを怠らずに、コツコツスカルプケアも続けておくのを忘れないでください。

髪型を変えたいけど不安な人は、スカルプケアを怠らない!

髪型を変えたいけど、躊躇してしまう人は、自分にあまり自信がないのかもしれません。
特に髪にボリュームがないと感じている人は、どんな髪型をしても似合わないと諦めていませんか?

もちろん細毛や軟毛の人であっても、似合う髪型というのはあります。
諦めずに、髪をそれ以上少なくさせないためにも、ヘアケアを続けましょう。
エイジングヘアになってしまえば、似合う髪型のバリエーションが減ってしまいます。

特に難しい方法ではありません。
自分に合ったシャンプーや育毛剤で保湿をして、元気に髪の毛を増やす努力をするだけです。
それを毎日続けるだけで、今似合う髪型の候補を減らさずに済みますよ。

※参考:これはエイジングヘア?髪質に変化がある時ほど生活習慣と髪型選びの見直し

以上、ご参考になれば幸いです。