menu menu
FUSARI(フサリ)コラムサイト

2024年2月8日  -  その他

その他

貧相に見えない髪型の3つの特徴とは?おすすめの一例と注意点も公開

貧相に見えない髪型を探している人は、どんな基準で髪型を探していますか?

適切な髪型を選ぶためのポイントを理解しておくことが大切ですよね。

第一印象を良くしたい人には、髪型選びのポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

髪のボリュームに少しでも注意を払うだけで、魅力的な髪型に出会うチャンスが増えます。

この記事がご参考になれば幸いです。

貧相に見えない髪型と貧相に見える髪型の違い

髪型が貧相に見えるか、そうでないかをは以下のポイントが重要です。

確認するべきポイント
  • 若見えするどうかチェックする
  • トレンド要素を含んでいるかチェックする
  • できるだけ悩みをカバーできるかチェックする

貧相に見えない髪型を探す時にぜひ意識してみましょう。

貧相に見える髪型の特徴

貧相に見える髪型は、実年齢よりも老けて見られる傾向があります。
以下の要素が含まれる髪型を選んでしまうと、印象が良くありません。

貧相に見える髪型の特徴
  • 髪にボリュームが感じられない
  • 重すぎる髪型
  • 毛先の乾燥が目立つ髪型

40代になると、髪質に変化が感じられます。
この「髪質をカバーできていない髪型を選ぶと貧相に見える」わけです。

ロングヘアにしている女性は、特に注意してください。
貧相に見えるポイントが含まれてしまうからです。
以下の記事を参考に、ロングヘア独特の髪型を選んでみましょう。

※参考:40代女性だとロングヘアはダメ?やってはいけない髪型とそうでないものの違い

貧相に見えない髪型の特徴

逆に貧相に見えない髪型は、実年齢よりも若く見える髪型です。
できるだけ髪のボリュームが出やすく、ハリやコシ、ツヤ感のある髪型が該当します。

貧相に見えない髪型の特徴
  • 毛先がツヤツヤでハリが感じられる髪型
  • 立体感のある髪型
  • 分け目が見えない髪型

じつは貧相に見えない髪型を選ぶだけではありません。
日ごろのケアのやり方を見直して、ケアを続けやすい髪型にしておくと、習慣化しやすくなります。
その結果、ハリやコシ、ツヤまで出やすくなり、髪型選びのバリデーションが増やせられますよ。

※参考:40代女性がおしゃれなのは若く見える髪型や楽な手入れを知っているから?

貧相に見えない髪型の一例3選

貧相に見えない髪型とは、具体的にどんな髪型なのかイメージしにくい人もいると思います。

そこでおすすめの髪型を3つまとめてみました。
40代でイメチェンをする予定の人も、貧相に見えない髪型を見つけられると失敗しにくくなりますよ。

若く見える髪型のポイント
  • 前髪はできるだけ厚めに作ってもらう
  • 頭頂部はボリュームがあったほうがいい
  • 襟足付近はボリュームを抑える

上記のポイントを含めた髪型について、具体撃には以下の記事でも詳しく紹介しています。

※参考:髪型をイメチェンしたい40代女性の記事!似合う髪型がわからない人のための方法

毛先がふんわりとしやすいショートレイヤースタイル

40代になると、髪が細くなってくる人も少なくないです。
そんな人ほどショートレイヤーがおすすめです。
貧相に見えない髪型の代表的な存在だからです。

レイヤーとは、頭頂部から伸びた髪の毛と、襟足の髪の毛の長さを揃えずに切って段差を付けること。
毛先に動きがつけやすく、以下のようなメリットが出てきやすくなります。

髪型の注目ポイント
  • 毛先が外ハネをしていて軽く見える
  • 額を見せてアグレッシブな印象アップ
  • 軽くて明るい印象になる

しかもロングヘアの人がショートレイヤーにするだけで、髪の毛の重みがなくなり、簡単にふんわりと仕上げられます。
頭頂部がペタンコで困っているのなら、特にショートレイヤーがおすすめですね。

まとめ髪は毛束を引っ張り出してやわらかい印象アップ

髪をまとめる機会があるのなら、できるだけゆるめにするのがコツです。

貧相に見える髪型の特徴は、後れ毛のないぴっちりまとめた髪型。
ビジネスシーンでは問題ありませんが、普段からこの髪型にしていると、きちんとまとまりすぎて野暮ったく見えてしまいます。

実年齢より上に見られてしまうので、髪を結ぶにしてもできるだけ今のトレンドを取り入れましょう。
ゆるく、ふんわりとカジュアルにまとめるのがいまのトレンドになっています。

髪型の注目ポイント
  • 髪を結ぶ時はゆるくまとめる
  • 頭頂部やサイドは崩しておく
  • 後れ毛を出しておくと小顔効果アップ

仕事の時以外は、特にゆるめに髪をまとめるのがコツです。
以下の記事でも具体的にやり方をまとめています。
貧相に見えないまとめ髪をマスターしておくと、髪型が崩れた時も安心ですよ。

※参考:大人のまとめ髪を極めるにはポイントあり!40代でも簡単にできるやり方

頭皮を透けさせない前髪アリのショートボブ

ボブが好きな人は、ショートボブにしてみてください。
「ボブは重めの髪型だから貧相に見える」と思う人がいるかもしれませんが、ポイントを抑えておくと大丈夫です。

髪型の注目ポイント
  • 前髪を作って分け目を見せない
  • 重くしすぎない軽いシースルーバング
  • 軽い仕上がりのスタイリング剤を使う

毛量が明らかに多いのなら、レイヤーボブという方法もあります。
特に問題がないのなら、前髪を薄くしたシースルーバングにするのもおすすめです。

前髪を作っておくと、40代でも様々なメリットがあるので以下の記事も参考にしてみてください。

※参考:40代なら前髪を作る意味がある!メリットとおしゃれに見えるおすすめ3選

貧相に見えない髪型をうまくスタイリングするためのコツ

貧相に見えない髪型を選んだところで、セットのやり方を間違えると意味がありません。
ポイントとなるのは立体感です。
できるだけ毛先に動きを出すようにセットすれば、貧相に見えない髪型に仕上がります。
アイロンを使って、毛先を外ハネにするだけでも効果的です。

その時にヘアオイルなどのアウトバストリートメントを付けておき、熱のダメージをカバーできるようにしましょう。
もちろんツヤが出やすいタイプのアウトバストリートメントを選んでおく、さらに失敗しにくくなります。
保湿力が高いと、より貧相に見えない髪型に近づくはずです。

また、分け目が透けて見えるのなら、ジグザグわけにしておくと間違いありません。
頭皮が透けて見えにくくなるので、挑戦してみてください。

貧相に見えない髪型以外で注意するべきポイント

貧相に見えない髪型とは、若く見える髪型でもあります。
老けて見られないように、できるだけボリュームが出やすい髪型にしておきましょう。
セットの時も、頭頂部が潰れないやり方をマスターしておくと安心です。

また、日ごろのケアも大事になります。
シャンプーや育毛剤など、頭皮の状態が悪くならないように、自分に合ったアイテム選びができるようになっておきましょう。

髪型の選び方とセットの方法、さらにスカルプケアが続けられている人は貧相に見えません。
自分に自信が付くようになるので、毎日が楽しくなりますよ。

ご参考になれば幸いです。