menu menu
FUSARI(フサリ)コラムサイト

2024年1月19日  -  ヘアケア

ヘアケア

広がる髪が気になる人へ!シャンプーの大事さをもっとわかってほしい!

髪が広がると、せっかく時間をかけてヘアセットをしてもヘアスタイルが崩れてしまいます。

髪が広がる原因を知れば、シャンプーの大切さがわかると思います。
すぐに広がる髪を抑えたい人は、髪型選びと一緒に、シャンプーについても考えてみてください。
選び方や使い方も含めて、ポイントとなる内容をまとめてみました。

髪が広がって、髪型が崩れて困る人は要チェックです。

髪が広がる原因

髪が広がる人は、以下が原因の場合が多いです。
それに沿って対策ができると、悩みが抑えられるのでチェックしておきましょう。

  • くせ毛がひどい
  • 広がりやすい髪型になっている
  • 頭頂部が潰れてバランスが乱れている

様々な原因がありますが、大きく分けて上記にある内容がよくあるパターンです。

くせ毛がひどい

髪が広がる人は、湿気が関係しているとされています。
それはくせ毛がひどい髪質によくある話で、髪の毛の形状が変わってしまうからです。

※参考:湿気があると髪がうねるの知ってる?ヘアセットの調子悪いと感じた人は必見

湿気が髪の毛内部に侵入し、水素結合が切れて形を変えます。
そして、ヘアセットする前に髪が乾いてしまうと、うねりが出たまま水素結合が繋がってしまうわけです。
その結果、髪が広がって元に戻すのが難しくなってしまいます。

つまり髪が広がるのが嫌な人は、湿気対策をしておかないといけません。

広がりやすい髪型になっている

髪が広がる人の中には、特に対策も考えずに髪型選びをしている可能性があります。
以下のようなポイントに当てはまる人はいませんか?

  • ボリュームが出やすい
  • 毛先が軽すぎる
  • 髪が乾燥している
  • パーマヘアを放置している

どれも髪が広がりやすい特徴となっています。
長い間カットをしていない人だと、髪が広がる原因となってしまうので、広がりにくい髪型にしてもらいましょう。
定期的に美容室に通うだけでも、髪の広がりは抑えられます。

頭頂部が潰れてバランスが乱れている

髪が広がって見えるのは、もしかすると頭頂部が潰れているのかもしれません。
つまり、顔全体のシルエットのバランスが崩れている状態です。
縦のラインが短いと、横に少しでも広がると、かなりアンバランスに見えます。

特に髪質が軟毛になったと感じる人は、ふんわりと仕上がる髪型に変えるだけでも違うはずです。
ふんわり仕上がるシャンプーに変えるのもいいでしょう。

ぜひ試してみてください。

※参考:軟毛になったと感じるのはヘアセットの時!これから意識するべき注意点まとめ

広がる髪を抑える方法

くせ毛で困っている人は、できるだけ髪が横に広がるのを抑えようとすると思います。

  • 乾燥しにくいシャンプーに変える
  • 髪型を変える

そんな人は、大きくわけてこの2パターンの対策をするのがおすすめです。
特にシャンプーの選び方は基本中の基本。
髪型を変えたくない人は、乾燥しにくいシャンプーに変えてみましょう。

乾燥しにくいシャンプーに変える

髪が広がるのを抑えるシャンプーを見つけるためには、正しい選び方を把握しておきましょう。

まず最も意識するべきなのは、洗浄成分です。
洗浄成分は、シャンプーのメインとなる成分のひとつ。
大半を占めているので、洗浄成分の特徴を知っておくだけで、かなり仕上がりに違いが出ます。

※参考:シャンプーは洗浄成分で変わる!正しい選び方とそれぞれの特徴まとめ

乾燥によって髪が広がるのなら、洗浄力が控えめの洗浄成分が入ったシャンプーを選んでみてください。
くせ毛やパサついた髪質の人こそ、そんなシャンプーを選ぶのがおすすめです。
また剛毛で広がる人も同様に、洗浄成分をチェックしてシャンプーを選んでみましょう。

髪型を整える

髪型を変えると、さらに広がる髪をカバーしやすくなります。
変え方としては様々ですが、くせ毛ならストレートパーマでも問題ありません。

自然な髪型が好きな人は、カットだけでも十分に髪を整えられます。
以下の記事を参考に髪型を選ぶと、カットだけでも十分に対応できるでしょう。
間違えてはいけないのが、重すぎる髪型を選ぶこと。
髪型選びさえ間違えなければ、大きな失敗はほぼありません。

※参考:40代の広がりにくい髪型はこれ!悩みに合わせて選ぶ方法と正しいケア方法

広がる髪におすすめのシャンプーの選び方

髪が広がる人は、シャンプーの選び方を意識するだけでも、かなりイメージが変わります。

  • アミノ酸系洗浄成分が入ったシャンプーを選ぶ
  • オイル成分が多いとさらにいい
  • 剛毛で困っているならシリコン入りでもいい

人によって髪質が違うように、シャンプーも選び方は違います。
基本としては、洗浄力が弱い成分が入ったシャンプーを選んでみましょう。
また、髪質によっては保湿成分の内容も確認しておくと、より効果を実感しやすくなります。

広がる髪を抑えるシャンプーの洗い方

洗い方も、広がる髪を抑えるのに大事です。

特に頭皮の状態があまりよくない人は、入念にシャンプー前のお手入れをしておきましょう。
頭皮の状態があまりよくないと、生えてくる髪の毛がうねりやすくなるからです。
そんな人は、シャンプー前の余洗いとブラッシングを意識してください。

そして汚れがたまりやすいところは、洗い残しがないようにしっかりシャンプーを付けて洗い流しましょう。
うねりの原因となってしまうことがあるからです。
中には、洗いすぎるとよくないからと、湯シャンで広がる髪をカバーしている人がいると思います。

※参考:女性が湯シャンをしていいの?正しいやり方とやっていい人の特徴

湯シャンだと整髪料も使えず、広がる髪をカバーできません。
しかも長い間シャンプーを使わず、皮脂がベタベタの状態が続くので、その間に余計に髪の状態が悪くなってしまいます。
洗浄力の弱いシャンプーを探して、うまく広がる髪をコントロールしたほうが無難です。

広がる髪はもしかすると髪の老化にもつながっているかも!

髪が広がるのは、老化によって起こっている可能性もあります。
エイジングヘアともいわれる髪質で、細毛になって髪の毛の耐久性が悪化している可能性があるからです。

湿気によるくせ毛の影響も受けやすくなります。
しかも、ハリやコシがなくなり、頭頂部が潰れる原因になります。
その結果、髪型全体のシルエットが崩れやすくなるわけです。

エイジングヘアの場合には、ヘアケアだけでなく、スカルプケアにも力を入れると改善します。
頭皮の状態を整えるために、シャンプーの見直しだけでなく、育毛剤などで頭皮環境を改善することも大事です。
今使っているアイテムを見直して、長期的にはハリコシが出やすい状況を作ってあげましょう。

ご参考になれば幸いです。