menu menu
FUSARI(フサリ)コラムサイト

2024年2月7日  -  その他

その他

いい髪型が見つからない時の対処法は簡単!意外な注意点もチェック!

いい髪型が見つからない人は、様々な原因が重なっているかもしれません。
そこまで難しい話ではありませんが、複数の原因がある場合、なかなか自分で解決するのは難しいこともあります。

ヘアスタイルが最近決まらない人は、それぞれの原因に合わせた正しい対処法を知っておくと良いです。
いい髪型の定義や見つけ方も紹介しているので、今の髪型に不満がある人はぜひ参考にしてみてください。

いい髪型が見つからない原因

いい髪型が見つからないのには原因があります。

  • 髪の毛にボリュームがない
  • 美容師との相性の問題
  • 自分の理想がわかっていない

大きく分けて3つです。それぞれもう少し深堀りしてみましょう。

 

原因《1》髪の毛にボリュームがない

いい髪が見つからないのは、髪の毛にボリュームがないのが原因かもしれません。

もともと髪の毛にボリュームがない場合、どんな髪型をしてもパッとしない印象になってしまいます。
過去に選んだ髪型に満足できずに、自分の髪型選びに自信をなくしている可能性があるでしょう。

この場合は、髪のボリュームをアップさせてから、髪型を変えてみてください。
それだけで、自分の似合う髪型のバリエーションが増えて、髪型選びが楽しくなってきます。
髪のボリュームアップの具体的な方法については、以下の記事も参考にしてみてください。

※参考:髪をボリュームアップしたい女性は「アイテム選び」と「習慣」を意識!

原因《2》美容師との相性の問題

また、いい髪型が見つからないのは、美容師との相性も関係している時があります。

美容室そのものが増加傾向なのが現状であり、美容師探しが面倒に感じることも増えているでしょう。
全ての美容師が同じように髪型を提案してくれたらいいのですが、それぞれ好みや得意分野などが違います。
その結果、提案する内容に違いがあり、満足できていないなんてこともありえます。

多くの人は、担当美容師をそこまで頻繁に変えることはしないと思います。
ですが、いい髪型が見つからないと感じた時は、担当美容師を思い切って変えてみるのもひとつの方法です。
しっかり下調べをすれば、大きな失敗はありません。

美容師によって使い方を変える時の一例
  • 大きくスタイルチェンジをする時の美容師
  • 現状維持する時の美容師
  • カラーチェンジする時の美容師 など

このように、状況によって美容師を使い分けると、さらに髪型選びで失敗しにくくなります。
いい髪型を見つけるためには、担当美容師の特徴を調べて、美容室そのものを変えるのも検討してみましょう。

原因《3》自分の理想がわかっていない

理想がわかっていないと、いい髪型を見つけるのが難しくなります。
大まかな希望の髪型/イメージしている髪型を把握できていると、髪型の系統などを絞り込んで選べるようになるため、悩んでしまう時間も削減できるでしょう。

絞り込むのも面倒だと感じるのなら、大まかな雰囲気だけでも決めておくのがポイントです。

大まかな髪型の雰囲気
  • 上品、大人っぽい
  • かわいい、ガーリー
  • かっこいい、クール など

思っている以上に髪型の雰囲気を変えるだけでも、第一印象がかなり変えられます。
イメージに似た髪型にしたいのか、イメチェンをしたいのか決めておくと希望の髪型を絞り込みやすくなるはずです。
そうすれば、いい髪型に出会えるチャンスが広がりますよ。

自分にとってのいい髪型の見つけ方

いい髪型が見つからない人のために、見つけた方についてまとめてみました。
やり方としてはシンプルです。
時間がある時に挑戦してみてください。

理想の美容師を見つけること

理想の美容師を見つけられると、あなたにぴったりの髪型を提案してくれるようになります。
自分が特にいい髪型が見つからないと感じていても、美容室に通うだけで、候補にしていなかった髪型も魅力的に感じるようになるでしょう。

では理想の美容師とは、どのような人なのでしょうか?

理想の美容師に出会える方法の一例
  • コミュ力が高い美容師を口コミで探してみる
  • 悩みに特化した美容師をSNSで探してみる
  • 好みの美容室の雰囲気かウェブサイトで確かめる など

上記はあくまで一例です。
とはいえ、大きく違うわけではないので参考にしてみてください。

まず美容師の探し方としては、大きく分けて2パターンあります。
それはインターネットと口コミです。

大まかに確認する時は、インターネットを使うのがおすすめです。
特に美容師自身がインターネットで発信をしているなら、それを見て判断すると間違いありません。
自分の好みの雰囲気か確認するのと同時に、得意分野が何なのか掲載されているはずです。

さらに口コミを参考にすると、失敗のリスクが最小限に抑えられるでしょう。

いい髪型が見つからない時はスタイルチェンジを保留

いい美容師が見つかったとしても、100%いい髪型に出会えるわけではありません。
上記の方法を試しても、なかなかいい髪型が見つからない時は、一旦保留するのがベストです。
髪というのは、一度髪を切ってしまうと、しばらく元に戻せません。

髪型を変えようと考えていると、意外にも周りが見えなくなるものです。
保留にしておけば必然的に髪を伸ばすこととなり、失敗どころか新しい髪型を見つけるチャンスが広がります。
ただし、ロングヘアにも注意点があるので以下の記事を参考にしてみてください。

※参考:40代女性だとロングヘアはダメ?やってはいけない髪型とそうでないものの違い

髪を伸ばす期間が長いと、冷静に考えられる時間を長く確保できます。
いい髪型が見つかるまでは、ロングヘアの楽しみ方を見つけるのも、いい気分転換になるものです。

美容室でいい髪型が見つからない時の注意点

いい髪型が見つからない時ほど、髪型を変えるのをやめたほうがいいと上述しましたが、その際に注意するべきポイントがあります。
それは今の髪型をキープする時です。

伸びた分だけ髪を切ってほしいと美容師に伝えても、人によっては切りすぎてしまう人もいます。
またヘアカラーで同じ色で染めてもらったとしても、色味が変わってしまうリスクもあるでしょう。

今の髪型をキープする時でも、信頼できる担当美容師ではないと、髪型の維持が難しくなってしまうわけです。
そこで同じ髪型をキープする時で合っても、写真を持参して担当美容師にしっかり相談するのがおすすめです。

そもそも美容師も同じ人間です。
感じ方が人によって違うように、気分も日によって違います。
同じ髪型にしてほしいといっても、髪質によっても変わってしまうものです。
だからこそ理想とする髪型を写真を見せて相談しておけば、それに近い髪型に仕上げてくれます。

できるだけ多めの写真を持っておき、キープするべき髪型がどんなものかわかるように準備しておきましょう。

いい髪型が見つからない時は頭皮の状態もチェックしておく

いい髪型が見つからない時は、あなたのセンスがないからではありません。

髪質が変わっていて、以前のように理想の髪型に仕上がらないのが原因です。
頭皮の状態をチェックしておき、軟毛になっていないかチェックしてみてください。
頭頂部にボリュームがない時は、どんな髪型もパッとしない時もあります。

毎日のスカルプケアを怠らず、髪の毛を元気な状態にキープしておくことも、いい髪型を見つける大事なポイントです。
髪がいい状態だと、自分の似合う髪型のバリエーションが増えて、おしゃれも楽しくなります。

是非試してみてください。

上記がご参考になれば幸いです。