menu menu
FUSARI(フサリ)コラムサイト

2023年9月19日  -  その他

その他

40代女性でもインナーカラーができる?髪型と色をチェックするのがポイント

40代の女性の中には、インナーカラーに挑戦したいと感じている人もいると思います。

それでも、若い人がするものだと勘違いしていませんか?
じつは選ぶ色や髪型次第で、40代女性でも似合うインナーカラーはあります。
そのポイントさえ間違えなければ、むしろおしゃれな髪型に仕上がるので大丈夫です。

40代女性がするべきインナーカラーと、髪型の2つをまとめてあります。
インナーカラーに興味がある女性は要チェックです!

40代の女性がインナーカラーをするメリット

「インナーカラーに興味があるけど、おしゃれだけのために染めるのは気が引ける…。」

このように感じている40代女性はいるかもしれません。
ところが、むしろインナーカラーは実用的なヘアカラーです。
40代女性が活用すれば、感じられるメリットがあるので、挑戦して損はありません。

インナーカラーをするメリット
  • 白髪が目立たない
  • 華やかになる
  • 気軽に挑戦できる

最低でもこの3つは、インナーカラーをして魅力に感じるはずです。

メリット①白髪が目立たない

40代になると、白髪が急に増えたという声もチラホラ出始めます。
それもこれも、40代になるとホルモンバランスが崩れやすく、それが白髪の増える原因になるからです。

※参考:急に白髪が増えた…女性の多くはどの程度の白髪で焦る?正しい対策は?

黒髪なら、余計に白い線が入ったように見えて、気になってしまう人もいるかと思います。
そこでインナーカラーです。

インナーカラーは、部分的に色を明るく染めるヘアカラーになります。
白い線が入っていたとしても、髪を明るくすれば、白髪が見えなくなるもの。
あえて、白髪が多い部分にインナーカラーを活用すれば、白髪が気にならなくなるでしょう。
これがインナーカラーの実用的な使い方のひとつです。

メリット②華やかになる

インナーカラーは部分的なヘアカラーですが、部分的であっても髪色が明るくなります。
髪が明るくなれば、自然と顔周りは明るく見えるでしょう。

顔というのは第一印象を決める大事な部分。
華やかな印象になるだけでも、様々なところでメリットを感じるはずです。
現在では、マスクをつける頻度も増えているだけに、ワンポイントとして活用するのもおすすめです。

メリット③気軽に挑戦できる

インナーカラーは、気軽さも大きなメリットのひとつです。

  • 頭皮のダメージも少ない
  • 施術の時間も短い
  • 失敗しても特に目立たない

インナーカラーは部分的なヘアカラーなので、上記のようなメリットが感じられます。
頭皮が乾燥していて、あまりヘアカラーを楽しめない人も、部分的なカラーなら頭皮の負担も最小限に抑えることができるでしょう。

※参考:頭皮環境が良くない人…薄毛が進むため要注意!原因と正しい対策とは?

また、一部だけ髪を染めるので、施術時間も圧倒的に短くなります。
失敗しても、上から髪を被せられるので、染めた部分は隠せられる点もポイントですね。

40代女性が使うべきインナーカラーの色

インナーカラーは、40代で女性でも実用的だという話を上記で紹介しました。

しかし、選ぶべき髪色を間違えると、むしろ印象が悪くなってしまいます。
そこで、おすすめの色の一部をまとめてみました。

40代でもおすすめできる髪色
  • 少し明るめのベージュ
  • モスグリーン
  • アッシュグレー

どの色をインナーカラーで使っても、上品で大人っぽい印象に仕上がります。
このポイントを抑えられた髪色なら、どの色でもインナーカラーで使って問題ありませんよ。

痛いと思われないことが大事です。

少し明るめのベージュ

インナーカラーのポイントは、今の髪色より明るい色を選ぶことです。

しかし、極端に明るくしすぎると、悪目立ちしてしまうので注意しましょう。
そこでちょうどいいインナーカラーの髪色が、ベージュです。

日本人特有の赤みを消す色なので、少し明るくても肌馴染みがいいのにワンポイントになってくれます。
挑戦しやすい色なので、インナーカラー初心者の女性にもおすすめですね。

モスグリーン

ベージュでは物足りないと感じる人は、モスグリーンはいかがでしょうか?

ベージュと同様に赤みを消した髪色です。
大人っぽい印象に仕上がるので、40代女性でも十分楽しめます。

色落ちまで楽しめる点もモスグリーンの魅力のひとつ。
個性を出したい女性こそ、モスグリーンに挑戦してみてください。

アッシュグレー

モスグリーンが苦手なら、アッシュグレーという髪色もあります。
どちらかというと赤みを抜いた青っぽい色なので、よりナチュラルに仕上がります。

比較的大人かわいい印象に仕上がる印象です。
モスグリーンにするべきか悩んでいる人は、これを目安に決めてみてください。
色落ちも楽しめるので、そのあたりもモスグリーンと似ています。

40代の女性がするべきおすすめのインナーカラーを使った髪型

インナーカラーの色が決まったら、決めるべきポイントは髪型だけです。

40代の女性は、まだまだおしゃれな髪型で楽しみたいでしょう。
そこで、40代女性特有の悩みを抑えられる髪型に絞ってみました。
インナーカラーと相性がいい髪型も選んでいるので、参考にしてみてください。

ちなみに、インナーカラーを入れる場所によっても、印象が大きく変わります。

インナーカラーを入れる場所
  • 前髪:華やかにしたい
  • 耳周り:インナーカラーをワンポイントにしたい
  • 襟足:さりげなく楽しみたい など

インナーカラーを入れる場所も、髪型選びの参考にしてみてくださいね。

インナーカラー×ショートボブ

40代女性でボブにするのは、かわいすぎると思っていませんか?
じつは大人のボブにするだけで、40代女性にはとてもオススメのヘアスタイルができるんです。

※参考:40代でも似合う大人のボブの特徴!おすすめの髪型4選!若見えの方法も

ボブそのものを選ぶだけでも、忙しい毎日のヘアセットの時短にもなります。
とても実用的な髪型なので、40代女性はショートボブに挑戦してみましょう。

さらに、そこにインナーカラーを使うと、立体的に仕上がります。
よりおしゃれな髪型になり、白髪対策までできれば最高ですね。

インナーカラー×ミディアムヘア

ミディアムヘアも、40代女性が似合いやすい髪型のひとつです。

しかもヘアアレンジがしやすい髪の長さというのもポイントになります。
インナーカラーは、髪の内側を染めるヘアカラーです。
つまり、アレンジをした時に染めた部分がよく見えるようになります。

ワンポイントになるので、むしろミディアムヘアならインナーカラーを活用するべきですね。

インナーカラー×ロングヘア

ロングヘアは、ポイントを抑えないとするべきではない髪型です。

ロングヘアにする時に注意するポイント
  • 定期的に分け目を変える
  • 段差をつけるレイヤーカットを活用する
  • パーマをかける

この3つのポイントを抑えているのなら、ロングヘアは候補として有力です。
詳しくは以下の記事で紹介しているので、興味がある女性は参考にしてみてください。

※参考:40代女性だとロングヘアはダメ?やってはいけない髪型とそうでないものの違い

ロングヘアにインナーカラーを入れると、より立体的に仕上がります。
髪が長いので、染めた髪の毛がより目立つためです。

特に難しいアレンジをしなくても、ワンポイントになってこなれ感も生まれます。
気軽におしゃれを楽しみたいのなら、「ロングヘア×インナーカラー」ですね。

大人っぽい色と髪型を選ぶと40代女性でもインナーカラーは可能!

40代でインナーカラーを楽しみたいのなら、色と髪型選びが大事になります。
これはホルモンバランスによって、髪質が変わってくるためです。

※参考:ホルモンバランスで薄毛になる?今するべき正しい方法はたった1つ

インナーカラーを楽しむためには、育毛剤なども使って頭皮の状態をキープしておくことが大事です。
長くおしゃれだと思われる女性は、きちんと自己投資しています。
少しの意識の違いで髪質は変わっていくので、インナーカラーを楽しみたい人こそ、頭皮の状態はチェックしておいてくださいね。