menu menu
FUSARI(フサリ)コラムサイト

2023年10月4日  -  その他

その他

前髪が割れるのはつむじとくせ毛!正しい対策と絶対にしてはいけない方法

前髪が割れると、どうしても髪全体が薄く見えてしまいます。
前髪が割れる原因は様々ですが、厄介なのはつむじのような生え癖がある人。
特に何もしていないのに、すぐ前髪が割れてしまうので注意しておきましょう。
正しい対策をまとめてあるので、要チェックです。

もちろん、その他にも原因はあります。
何をしても前髪が割れて困る人は、美容師さんに相談するといいですよ。
自己判断で前髪対策をすると、失敗するリスクが高まります。

前髪が割れる本当の理由

前髪が割れるのには理由があります。
その理由は人によって違いがあるので要注意です

前髪が割れる理由
  • つむじの位置
  • くせ毛
  • 日頃のケアができていない

このように、同じ前髪が割れる状態でも、経緯に違いがあります。
違いがあるということは、対策もそれぞれ違ってくるので注意しましょう。
この中でも最も厄介なのが、つむじの位置によって前髪が割れること。
簡単にいうと生え癖ですね。

理由≪1≫つむじの位置

前髪が浮いてしまうのは、つむじが関係しているかもしれません。

つむじとは、生え癖が渦巻き状になっていること。
一般的には頭頂部に中心が来ていますが、人によって違います。
つむじが2つある人も少なくありません。

このつむじが前髪付近にあると、前髪が浮いてしまいます。
浮くということは、前髪が割れてしまうというわけです。
前髪が割れてしまう人は、一度自分のつむじがどこにあるのかチェックしてみましょう。

理由≪2≫くせ毛

つむじが前髪になく、生え癖で前髪が割れていないのなら、くせ毛の可能性もあります。

くせ毛とは、髪の毛にうねりが出る髪質のことです。
原因は様々ですが、主に湿気が髪の毛内部に侵入しやすい傾向があるからとされています。
コラーゲンが少ないことや、吸収性のバランスが悪いという髪質が大きな欠点です。

水分を吸収した髪の毛は、髪が膨潤するなどして、髪の形が変わってしまうので要注意。
うねりが出て前髪が割れてしまいます。

※参考:なぜかうねりが良くならない…そんな人は加齢で薄毛になっている可能性大…

理由≪3≫日頃のケアができていない

前髪が割れるのは、日頃のケアも関係しています。

くせ毛とも関わりがありますが、くせが出やすくなる生活をしていないでしょうか?
徐々に髪の毛が乾燥していき、余計に前髪が割れてしまいます。

ケアができていない人の特徴
  • お風呂から出て自然乾燥している
  • 生活習慣が乱れている
  • 過度なダイエットをしている

このどれか1つでも該当している部分があるのなら、普段の習慣を見直してみましょう。
あなたの髪の毛は、乾燥しているだけではなく、細毛や軟毛になっているかもしれません。

※参考:正しくは薄毛ではありません!細毛や軟毛は髪質が変わらないと悩む人へ

前髪が割れる解決方法

前髪が割れるのを防ぐためには、原因に合わせて対策をしてみましょう。
大きく分けて4パターンが考えられます。
1つだけでなく、複数を組み合わせて使うと、割れる前髪をカバーしやすくなるはずです。

何をしても前髪が割れる人は、美容師さんに前髪をカットしてもらいましょう。
もちろんただカットしてもらうだけでなく、前髪の状態を見てもらってから対策をしてもらうと安心ですね。

解決方法≪1≫生え癖はスタイリング剤でキープ

つむじが前髪の近くにあり、生え癖で前髪が割れる人は、スタイリング剤でセットした前髪をキープしてみましょう。

ちょうどいいスタイリング剤は、固まるスプレーですね。
ケープが有名ですが、固まるスプレーなら自分の使いやすいものを使って問題ありません。
ただし、使い方には注意点があります。
以下の記事を参考に、うまく前髪をキープできるようにしてみてくださいね。

※参考:前髪をキープしたい人!ケープを正しく使うのがおすすめです!注意点も!

もちろん、外出先でスプレーが使えない状況なら、前髪用のマスカラもあります。
持ち運びしやすいコンパクトタイプが多いので、非常用に1つ持っておいて損はありませんよ。

解決方法≪2≫くせ毛だと乾かし方が大事

前髪が割れる原因がくせ毛だった場合は、乾かし方ひとつで状態が変わります。

前髪の乾かし方
  1. ドライヤーは必ず上から下に向かって乾かす
  2. 左右のどちらか片方向から髪を流すように乾かす
  3. 反対の方向からも流すように乾かす

くせ毛の前髪を乾かす時には、様々な方向から風を当てて乾かしましょう。
それが割れる前髪を予防するためのポイントです。

絶対にやってはいけない乾かし方
  • 下から上に向かって前髪を乾かして、浮かせるように形を付けない!

しかし、上に向かって風を当てると、前髪が余計に浮いてしまいます。
浮いた前髪は割れる原因となってしまうので、必ず下から上に向かって乾かしてください。

解決方法≪3≫ヘアアレンジで割れた前髪をカバー

ヘアアレンジを使って、割れる前髪をカバーするのもおすすめの方法のひとつです。

割れた前髪をカバーするおすすめの考え方
  • 割れた前髪を活かしたヘアアレンジを見つけること!無理に額を隠そうとしない!

生え癖でどうにもならない前髪は、元に戻すのが難しいとされています。
つまり無理にセットしても、しばらくすれば元に戻ってしまうでしょう。
逆に言えば、割れた前髪を活かしておしゃれに見せれば特に問題はありません。

前髪が割れる原因の多くは、浮いてしまうこと。
つまり、アップバングのような前髪かき上げスタイルを作ってみてください。

解決方法≪4≫美容室で前髪カットをしてもらう

割れる前髪をセットするのは、時間がかかるもの。
どうしても面倒になってしまう人も少なくないでしょう。

そこで、髪型を作ってもらう段階で、割れにくい前髪を最初から作ってもらっていれば、そのストレスもなくなります。

割れにくい前髪の特徴
  • できるだけ前髪を長めに残してもらい、重めにカットしてもらうと前髪が割れにくくなる!

そもそも前髪が割れるのは、浮いてしまうこと。
これが原因のひとつでもあるので、できるだけ重めにして浮きにくくしてもらいましょう。
それだけで、日頃のセットが楽になります。

しかも、一度前髪をカットしてもらえれば、セルフカットで重い前髪が自分で作れるようになりますよ。

※参考:前髪をセルフカットで重くする方法の基本3か条!薄くて悩み中の人は必見!

つむじが原因で前髪が割れる時のNG対処法

前髪が割れるからといって、縮毛矯正やパーマで無理やり形を付けるのはよくありません。

割れる前髪の原因は、生え癖とくせ毛。
前髪が浮いてしまう可能性があると上記でも紹介してきました。

縮毛矯正やパーマがNGの理由
  • 施術した髪の毛と新しく生えてきた前髪は、形にそもそも違いがあるから!時間が経てば前髪が浮く可能性が高い!

どうしても前髪が割れるのなら、浮いた前髪が違和感のないように、カットだけで髪型全体を変えてしまうのもおすすめです。

※参考:40代女性がカットのみで悩みは解決できる?おすすめの髪型はショート!

前髪が割れるのはつむじやくせ毛が濃厚!それでも日頃のケアは怠らない!

前髪が割れる原因は、生え癖やくせ毛などで、髪の毛が浮いてしまうこと。
これがわかっていれば、対策がしやすくなります。

スタイリング剤や乾かし方など、カバーする方法は多いので活用してみましょう。
組み合わせて使うと、割れる前髪を予防しやすくなりますよ。
また、日頃のケアも怠らないようにしないと、髪の毛が乾燥して細毛にもなってしまうかもしれません。
そのような状態になってしまうと、何をしても、すぐに前髪が割れます。
対策の基本となるので注意しましょう。