menu menu
FUSARI(フサリ)コラムサイト

2023年12月9日  -  その他

その他

40代でも似合う髪型は悩みに合わせて決める!おすすめの髪型5選

40代に似合う髪型はあります。
それは悩みに合わせた髪型を選ぶこと。
これが最も大事なので、忘れないようにしましょう。

もちろん、若作りに見えず、おばさんに見えないようにする意識も大事です。
バランスが難しいかもしれませんが、ポイントさえ抑えておけば問題ありません。
どんな髪型がいいのか、簡単にまとめてみました。

40代で似合う髪型は若く見えるものを選ぶ

40代でも若く見える髪型を選ぶ人も少なくないでしょう。
とはいえ、若く見える髪型といっても、どれがいいのかわからないもの。
そこで若く見える髪型のポイントをまとめてみました。
それを踏まえたうえで、おすすめの髪型を紹介しています。

若く見える髪型のポイント

  • 薄く見せない前髪を作る
  • ボリュームを意識する
  • 束感を作った髪型

40代でも若く見える髪型には特徴があります。
それは、とにかく薄毛の雰囲気を出さないこと。
特に前髪を薄く見せないような意識で、髪をセットしておきましょう。

また、頭頂部はボリュームが出るようにし、襟足は引き締まった髪型だとより効果的です。
メリハリが大事なので、髪をセットする時に意識してみてください。
スタイリング剤を使って、束感を出すと、より若美恵効果がありますよ。

おすすめはエアリーショート

エアリーショートとは、毛先に動きを出した髪型のこと。
レイヤーカットで動きを出しやすくして、ボリュームをコントロールしましょう。

パーマをかけると、より動きが出やすくなりますが、レイヤーカットを多用して自然な髪型に仕上げることが大事です。
美容師さんに相談して、40代でも似合う髪型に仕上げてもらってくださいね。

※参考:エアリーショートに挑戦したい40代の人へ!大人が使える髪型おすすめ4選

40代でもおしゃれで似合う髪型を選ぶと満足度が高い

40代でも、おしゃれを楽しみたい人がほとんどでしょう。
とはいえ、おしゃれという曖昧な表現では、どの髪型を選ぶべきか悩んでしまいますよね?
満足度の高い髪型の特徴をまとめてみたので、要チェックです。

おしゃれな髪型の特徴

  • トップにボリュームがある
  • ふんわりとした前髪
  • 立体的な髪型になっている

40代でもおしゃれな髪型というのは、上記のような髪型です。
こちらに関しても、ボリュームを意識したほうが間違いありません。

さらに前髪もふんわりとさせれば、抜け感が出て今風の髪型に仕上がります。
おしゃれこそトレンドを取り入れるべきなので、挑戦してみましょう。
また、前髪がふんわりしているのなら、髪型全体のバランスも整えてみてください。
そのためにも、立体的な髪型にしてもらうと安心です。

おすすめは大人のボブ

大人のボブとは、おでこを出した大人っぽい雰囲気の髪型です。
シースルーバングでもいいので、うまく抜け感を表現しましょう。

詳しくは以下の記事で紹介していますが、スタイリング剤を使ってウェット感を出すのもおすすめですよ。

※参考:40代でも似合う大人のボブの特徴!おすすめの髪型4選!若見えの方法も

手入れが楽で似合う髪型を選ぶと忙しい40代でも挑戦しやすい

そもそも、現在の40代の女性は忙しい人がほとんどです。
髪型に時間をとられるわけにもいかないので、できるだけ手入れが楽な髪型を選びましょう。
気軽に髪型を作れるのなら、おしゃれも気軽に挑戦できるもの。
意識してほしいポイントがあるので、それを参考に髪型選びをしてみてください。

手入れが楽な髪型のポイント

  • 顔の形に合わせた髪型
  • シルエットが丸い髪型
  • トップがふんわりする髪型

髪をセットする時に大事になるのが、上記の3つのポイントです。
40代になると、必ずシルエットが崩れてセットが面倒になります。
その悩みに合わせたカットができる美容師さんを探しておきましょう。

また、40代になると髪のセットだけでなく、普段のスカルプケアやヘアケアも入念にしないといけません。
自然なボリュームこそ大事になるので、日頃のケアも続けると失敗は少なくなりますよ。

おすすめの髪型はショートヘア

手入れが髪型というのは、カットなどの技術で髪型を簡単に作れること。
これが最も意識するべきポイントです。
そこでちょうどいいのがショートヘアになります。
髪の毛が短いだけで、かなり手間が削減されるので、挑戦して損はありませんよ。

※参考:【40代のショート】手入れが楽な髪型3選!選び方のポイントまで大暴露!

40代でも垢抜けて見えるのに似合う髪型を選ぶとおしゃれ上級者になる!

垢抜けるというのは、洗練された状態という意味です。
40代になれば、自分が似合うおしゃれをわかってくるもの。
髪型も同じで、洗練された垢抜けヘアを目指したいですよね?
そこで、垢抜けているのに似合う髪型をまとめてみました。

垢抜けるならヘアカラーを活用する

  • 明るい髪色を選ぶ
  • 白髪の量を把握する
  • トレンドの色味を取り入れる

40代こそヘアカラーを多用する時期でもあります。
せっかくヘアカラーをするなら、垢抜けた印象にしたいですよね?
そこで上記のポイントを取り入れましょう。

できるだけ明るい色に染めてもらい、さらに白髪もきれいに見せられるのが垢抜けのポイントです。
トレンド色も取り入れたら、かなり見た目の印象が変わりますよ。
とはいえ、若作りだと思わせない自然な髪色を選ぶようにしてみましょう。

白髪ぼかしのポイント

40代の女性でおすすめのヘアカラーは、白髪ぼかしです。
白髪が増えてくる時期なので、うまく白髪を活かしておしゃれを楽しむようにしましょう。
そのための白髪ぼかしです。
通常の白髪染めと違い、髪を明るく染められるので、選ぶ髪色のバリエーションは多くなります。

ただし、白髪ぼかしができる美容師さんは一部だけ。
ヘアカラーが得意な美容師さんを見つけるようにしてくださいね。

※参考:白髪ぼかしが高いのはなぜ?仕組みを知ればわかる!コスパがいいって話

くせ毛を活かしたうえで似合う髪型を40代は選ぶこと

40代になると、髪質が変わって大変だという人は少なくないでしょう。
それは体内のバランスが変わってくるタイミングだからです。
特に直毛だったのに、急に髪がくせ毛になって困る人は、くせ毛を活かした髪型を選びましょう。
それだけで似合う髪型が見つかりやすくなりますよ。

くせ毛を活かした髪型のポイント

  • 髪を短めにしてくせ毛を扱いやすくする
  • 極端なレイヤーカットは使わない
  • それでも重くなりすぎない

くせ毛に悩む人の中には、重めの髪型を選んで横に広がる髪を抑えようとします。
しかし、それだと少しでも髪がくせ毛で広がると、ストレスになるでしょう。

そこでくせ毛を活かした髪型にしてもらうと、ほぼストレスがなくなります。
レイヤーカットなどの軽めの髪型にして、毛先をわざとハネさせてみてください。
それだけでくせ毛を活かした髪型に仕上がりますよ。

とはいえ、軽くなりすぎても、重くなりすぎても扱いにくくなるのがくせ毛のデメリット。
これもくせ毛に強い美容師さんを見つけて、似合う髪型を提案してもらうようにしましょう。

おすすめの髪型は無造作ヘア

くせ毛を活かした髪型で特におすすめなのが、無造作ヘアです。
名前のようにわざとハネさせて、髪に動きを出した髪型。
髪をセットして、パーマヘアのように見せるのがポイントです。
逆にパーマをかけるのも、毛流れを作るのに役立ちますよ。

※参考:髪型をイメチェンしたい40代女性の記事!似合う髪型がわからない人のための方法

40代で似合う髪型は悩みに合わせて決めたほうがいい!

40代でも似合う髪型はあります。
その多くは、ボリュームのバランスを整えられた髪型です。
頭頂部はふんわりとしておき、襟足やサイドはスッキリさせておくと、上品な髪型に仕上がります。

つまり、薄毛になるのは最もダメなパターンですね。
日頃のスカルプケアを続けて、元気な髪型をキープできるようにしましょう。
それだけで、選べる髪型の候補が増えて、おしゃれを長く楽しめますよ。

ご参考になれば幸いです。