menu menu
FUSARI(フサリ)コラムサイト

2023年5月25日  -  ヘアケア

ヘアケア

スカルプケアとヘアケアの違いとは?髪をきれいにしたいなら両方大事!

髪をきれいにするなら、ヘアケアをしたほうがいい。
このように思っている人が大半でしょう。

しかし、髪について詳しくなると、それと同時にスカルプケアもしていたほうが、長期的にいいのがわかります。
この意味が分からない人のために、スカルプケアとヘアケアの違いについてまとめました。

長く髪をきれいに維持したい人こそ、スカルプケアもしておきましょう。
スカルプケアとヘアケアを、同時にケアできる方法も紹介しているので、時短したい人も必見です。

スカルプケアとヘアケアの違いは髪の毛の「未来」と「現在」

上記でも紹介したように、スカルプケアもヘアケアも、髪の毛にとって大事なポイントとなります。

しかし、どちらも目指すべき目標が違うので、勘違いはしないでください。
簡単に違いについてまとめると、以下のようになります。

  • 未来の投資⇒スカルプケア
  • 現在の投資⇒ヘアケア

スカルプケアとは、生えてくる髪の毛をいかにきれいにするかが大事になります。
それに対してヘアケアとは、今生えている髪の毛を、きれいにするかどうかがポイントです。

どちらも髪をきれいにするための方法ですが、スカルプケアに関しては、頭皮も含まれていると思っておきましょう。
この頭皮というのが、スカルプケアとヘアケアの大きな違いです。

スカルプケアは未来の投資!生えてくる髪をきれいにする!

スカルプケアとは、頭皮を整えるための方法のひとつです。
髪の毛は頭皮にある毛穴から生えており、頭皮を整えると、これから生えてくる髪の毛をスムーズにするために行います。

※参考:スカルプケアとは?勘違いしてる人のための方法とポイント総まとめ

例えばスカルプケアの代表格が、育毛剤です。

頭皮に育毛剤を付けると、血行を良くするだけでなく、炎症を鎮めるなどの効果で髪の毛を生えやすくします。

スカルプケアを疎かにする髪へのデメリット
  • ヘアケアの効果が出にくくなる
  • くせ毛がひどくなる
  • 薄毛のリスクが高くなる など

スカルプケアを疎かにしていると、上記のように髪までボロボロになってしまうので注意しましょう。

ヘアケアの効果が出にくくなる

髪の毛は、キューティクル、コルテックス、メデュラという3層構造になっています。
スカルプケアができていないと、元気に髪の毛が育ちません。
その影響で細毛になり、上記の3つの総量が減っていきます。

特にキューティクルとコルテックスが、少なくなると、ヘアケアの効果が出にくくなるでしょう。
キューティクルがすぐ剥がれてパサつき、水分を吸収するコルテックスも保湿できる量が減り、パサつきやすくなるわけです。

くせ毛がひどくなる

また、毛穴が詰まっていると、無理やり髪の毛が生えてくるので、後天的なくせ毛となってしまいます。
うねりが出ればヘアセットが面倒になるでしょう。
スカルプケアは、徐々に髪に異常が出てくるもの。気付きにくいので、年齢を原因に考えがちです。
早めにスカルプケアをしておけば、セットが面倒になる心配はありません。

薄毛のリスクが高くなる

もちろん薄毛のリスクも上がります。
毛穴が詰まっているだけでも、髪の毛が生えにくくなるでしょう。
それなのに、血行が悪くて適切な栄養が届かないとなると、さらに成長の邪魔になるので薄毛のリスクが上がるわけです。

※参考:女性なら誰でもできる!抜け毛を簡単に予防できる方法を4つにまとめてみた

髪の毛の総量が少なくなると、上記で紹介したように、ヘアセットにも時間がかかって大変になりますよ。

どちらにしても、スカルプケアを疎かにしていると、ヘアケアの邪魔になるのは間違いありません。
スカルプケアも大事にしないと、何をしても髪がきれいになっていかないでしょう。

ヘアケアは現在の投資!今生えている髪の毛をきれいにする!

ヘアケアは、言葉の意味を検索すると、「髪の手入れ」と出てきます。
もちろん手入れをするだけでなく、髪そのものをきれいにするように、結果を出さないとモチベーションも上がらないでしょう。

ヘアケアを疎かにする髪へのデメリット
  • 髪がパサついて印象が悪くなる
  • ヘアセットに時間がかかる
  • ヘアカラーやパーマなどの施術の効果が下がる など

女性ならヘアケアをしないと、私生活にも支障が出てきてしまいます。
上記のようなデメリットを感じたくないのなら、できるだけヘアケアを意識しましょう。

髪がパサついて印象が悪くなる

ヘアケアは、そこまで詳しく紹介しなくても、どんなデメリットがあるのかイメージできるでしょう。
少なくとも印象が悪くなるのを、女性なら誰でも知っていると思います。
できる限りヘアケアしておいて損はありません。

※参考:きれいにならない人!あなたはヘアケアの基本を知らない!正しいやり方伝授

ヘアセットに時間がかかる

また、ヘアケアができていないと、髪が落ち着かないので、ヘアセットに時間がかかってしまいます。
乾燥している人は横に広がり、べた付いているとバランスが崩れるでしょう。
しっかりヘアケアできていると、土台ができている上でのセットができるので、時短にもなっておすすめです。

ヘアカラーやパーマなどの施術の効果が下がる

もちろん、髪にダメージがあると、美容室で施術を受け付けてくれません。
薬剤が髪に内部に浸透しないばかりか、美容師ならこれ以上ダメージがひどくならないように、施術をしたくないと感じるのが普通です。
つまり、ヘアケアができていないと、おしゃれも楽しめなくなります。

スカルプケアとヘアケアの両方を兼ね揃えるシャンプーは大事!

スカルプケアも、ヘアケアも大事だというのが、上記でもわかったでしょう。

しかし、現在の人たちは、自分の時間が持てないほど忙しい人ばかりです。
スカルプケアもヘアケアも、同時にするのが難しく感じると思います。
そんな人こそ、シャンプーを見直しましょう。

両方を兼ね揃えたシャンプーの選び方
  • アミノ酸洗浄成分がメインで使われている
  • 保湿成分も多く含まれている
  • 抗炎症効果が入った成分が入っている

上記の条件が揃ったシャンプーを使うと、頭皮から毛先まで、きれいな状態を維持できるようになります。
ただし、根元から毛先まできれいにできるシャンプーは、高くなりがちです。

そこで、「洗浄力が高い成分が入っているかチェック」してみてください。
ラウレス硫酸○○や、オレフィン(○○)スルホン酸Naなどの表記があれば、育毛剤もセットで使うようにしましょう。
頭皮が保湿されて、最低限のケアができるようになります。
もちろんトリートメントを使うと、毛先もケアできるので、ヘアケアとの両立もできるはずです。

トータルでどちらが続けやすいのか判断して、髪をきれいにしていきましょう。

※参考:頭皮環境が良くない人…薄毛が進むため要注意!原因と正しい対策とは?

スカルプケアとヘアケアには違いがあるけど両方とも大事!

スカルプケアとヘアケアは、どちらも髪をきれいにする方法です。
しかし目的に違いがあるため、やり方まで少し違いが出てしまいます。

それでも最終的には、どちらも髪をきれいにできるので、両方とも早めに取り入れてみましょう。

  • 理由①髪の毛は毛穴から生えているから!
  • 理由②髪のセットが楽になるから!
  • 理由③清潔感が出せて第一印象が良くなるから!

髪の毛は毛穴から生えているので、スカルプケアを疎かにしていると、ヘアケアの邪魔になります。
ヘアセットの邪魔にもなるので、早めに対処しておいて損はありません。

また、自然とフケ対策や、パサつきの予防にもなります。
相手に与える印象も悪くならないので、社会に出ている人ほど、身だしなみを整える意味でも両方とも手を付けておいてください。